プーアル茶が痩せるお茶ダイエットの中でも効果が実感できる2つの理由

今、痩せるお茶ダイエットが流行っています。痩せるお茶ダイエットの中でも、プーアル茶が人気があります。プーアル茶は本当にダイエットに効果があるのでしょか?そこで、プーアル茶がダイエットに効果があるという理由を解説していきます。

プーアール茶の存在をご存知ない方はwikiペディアプーアール茶をご覧ください。

プーアール茶が痩せるお茶の中でも優れている理由

理由1:脂肪の吸収を防いで、更に脂肪の分解を促進して体外に排出する
お茶にはカテキンが含まれています。プーアル茶には重合型カテキンというカテキンが含まれています。これはプーアル茶を醗酵させる過程で生成されるカテキンです。重合型カテキンは脂肪の吸収を防ぐ働きがあります。重合型カテキンの他に、プーアル茶にはリパーゼという酵素があります。リパーゼには脂肪の分解を促進して体外に排出する効果があります。これらによっては、プーアル茶を飲むことで、脂肪が付きにくくなります。

理由2:抗酸化作用
プーアル茶にはポリフェノールの一種のタンニンが含まれています。タンニンは血中コレステロールを低下させる作用や脂肪を分解する作用があります。要するに、血流を良くする作用があります。血流が良くなることで、新陳代謝が活発になります。新陳代謝が活発になると、カロリーの消費が増えるので、ダイエット効果があります。

プーアル茶には脂肪を抑える効果と、抗酸化作用による新陳代謝を高める効果があります。この2つの効果がプーアル茶がダイエットに効くと言われる所以であります。それでは、プーアル茶はどのように飲めばダイエットに最も効果的なのでしょうか?

プーアル茶の効果が高い理由については当サイト。痩せるお茶ランキング決定版でも解説しております。

ダイエットに効果的なプーアル茶の飲み方

食事中や食後に飲む
プーアル茶には、脂肪の吸収を防いで、更に脂肪の分解を促進して体外に排出する効果があります。っということは、食事中や食後に飲めば、食事で摂った余分な脂肪が吸収されずに済み、また吸収されてしまった脂肪も分解されて排出されます。プーアル茶を飲む量ですが、1日に600~800CCぐらい、毎食カップ1杯です。もっとたくさん飲んだ方が効果があるように思えますが、プーアル茶には、利尿効果が高いのでトイレが頻繁になる、胃に負担がかかる、乾燥肌が悪化するなどのデメリットがあります。逆に飲み過ぎると、これらのデメリットが出てしまうので、注意しましょう。

プーアル茶は食事中や食後のカップ1杯飲むことで、食事で摂った脂肪の吸収を防ぎ、脂肪を体外へ排出します。食事のお供としてプーアル茶を飲みましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*