痩せるお茶の効果の秘訣はポリフェノールや食物繊維が大量に含まれる事!

痩せるお茶ダイエットはよく聞く話ですが、やたらとお茶を飲んでも効果が出ないのではないでしょうか。せっかくお茶ダイエットを行うのなら、お茶の性質をよく知ってから効果的にダイエットを勧めたいものです。

痩せるお茶の代表成分ーポリフェノールって?

お茶に含まれる成分でダイエット効果のあるものは、ポリフェノール、食物繊維、カフェイン、サポニンなどがあります。緑茶に含まれるカテキンはポリフェノールの一種です。

ポリフェノールは体内での脂肪吸収を押さえる働きを持ちます。また食物繊維は胃を膨らませるため食欲を抑えてくれますから、食べ過ぎを防ぐことができます。カフェインは脂肪の分解を促し血行を良くする働きがあります。そして大豆などにも含まれるサポニンは、脂肪分吸収を抑制し体外に排出してくれますし、血行促進効果も期待できます。またサポニンには抗酸化作用もあり、体内に入った脂肪分が酸化するのを防いでくれる力もあります。

痩せるお茶はダイエットに必要な作用がたくさん得られる!

このようにお茶には脂肪・糖分の吸収や抑制、脂肪の燃焼を促す作用があります。したがって食べ過ぎたときにはこのような作用があるお茶を食事と一緒に飲むとよいのです。例えばプーアール茶、黒ウーロン茶、杜仲茶、紅茶、緑茶、ジャスミン茶などです。ジャスミン茶は利尿作用があるため、むくみ解消にも役立つお茶といえます。

痩せるお茶のランキングで紹介しているお茶もとりわけ上記の種類のお茶が多いのも効果を実証しているといえるでしょう。

お茶を飲むタイミングですが、食事と一緒に飲む、あるいは運動や入浴をする30分前に飲むのが効果的です。というのは脂肪を燃焼させるカフェインが効果を発揮し始めるのが摂取してから30分後だからです。

ところでお茶が良いとはいっても飲み過ぎは良くありません。適量の目安はだいたい一日1~1.5リットルです。普通のカップ5~6杯といったところです。またできるだけ温かいお茶を飲んで、体を冷やさないようにしたいものです。また、お茶をおいしくいれるのもポイントの一つです。

適切なお茶のいれかたとは?

その他にお茶を飲むときの注意としては、利尿作用の強いお茶は寝る前は控えることです。また貧血気味の人は、食事中にお茶は飲まない方が良いのです。それはお茶に含まれるタンニンが食事でせっかく摂った鉄分の吸収を悪くしてしまうからです。

お茶には様々なダイエット効果が含まれるのは確かですが、適した飲み方をして効果を上げるのが賢い方法だと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*