ダイエットをしている中でどうしても弊害となってしまうのがジュースやお菓子ですね。

ついつい食べ過ぎてしまったりあまり飲んでいないと思っても

ジュースのカロリーは思ったよりもずっと高いのが普通です。

ですのでジュースを痩せるお茶に変えるだけでもダイエット効果は高いのです。

ダイエットにジュースが厳禁、お茶を飲みましょうというのは有名です。

糖分が大量に入ったジュースをやめて痩せるお茶を飲む

お茶が健康にいいくらい知っているというプライドを捨て、今一度お茶ダイエットを見直しましょう。もしかしたら今後の自分の体の健康を変えてくれるものになるかもしれません。

「知っている」と決め付けず、どんどんお茶について学んでいきましょう。人はそれぞれ個人によって体質も生活習慣も変わってきます。お茶を好んで飲む人と飲まない人は長い目で見て体系に差が出てくると思います。まず、日本人はもっとも馴染み深いお茶は緑茶です。これは

全世界でも茶色のお茶が多い中、緑色をしたお茶の種類になります。海外ではおしゃれにグリーンティと呼びます。この緑色は対脂肪燃焼効果が非常に高くダイエットにはおすすめです。

クロロフィルとも呼ばれ、緑茶は蒸していためてと熱を加え、参加酵素の力を抑えて酸化をとめるので鮮やかな渋みのある緑色が残るようです。お茶はひとつとって調べても非常に置くが深い効能があります。また緑茶カテキンはダイエットに効果的でウエストを細くする効果もあるようです。次に有名なお茶はウーロン茶です。これは摂取した食べ物を外に出す働きを持つお茶になります。ウーロン茶は独自の処方でつくり、半発酵とよばれるポリフェノールが生成されます。ポリフェノールはリパーゼという脂肪分解酵素を活性化してくれるので中性脂肪は分解されますし、血中の中性脂肪の量も減らしてくれるようです。体の中の余分な脂肪の要因を根こそぎ出してくれるような気がする心地よい効果を持っています。

肥満の人は間食が多く運動の習慣が少ないという結果が国民栄養調査で出ています。

肥満は健康への危険も多いので早期対応必須!

肥満は動脈硬化、糖尿病、高血圧、など生活習慣病をひきおこすこともあります。

なので理想的なダイエットは筋肉や骨量を減らさず、体脂肪だけを減らすことになってきます。そういったときに緑茶を飲み、その後に運動をする習慣をつけると体脂肪がより多く燃焼されますので効果が高まるといったことがあります。

痩せるお茶を早く飲むことで健康にも効果的なのでいち早い摂取をお勧めします。