サントリー黒ウーロン茶の効果と効用

サントリー黒烏龍茶は、誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
CMなどで紹介されたことがあり、食事のお供として飲む方が多いです。

特定保健用食品(トクホ)に登録されており、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させるので、
食後の血中中性脂肪の上昇を抑えるとともに、体に脂肪がつきにくいのが特徴です。

そのため脂っこい食べ物と相性がよいとされる商品ですが、新型に変わりさらにパワーアップしました。
今回はその変更点も交えて、ご紹介したいと思います。

サントリーの黒烏龍茶は痩せるお茶なの?

①携帯性がよくなったスタイリッシュ新ボトル

ボトルタイプは持ち運びが楽で、家以外でも外で所持をするときに向いています。

新型になって、携帯しやすいスタイリッシュでスマートな新ボトルに変わりました。
おしゃれで洗練されたデザインなので、オフィスや少し洒落た場所でも気軽に飲めます。

持ちやすさも増して、バッグにもきれいに収まりますが、これで内容量は変わっていないというので
とても嬉しいですよね。

②後味さっぱり感アップ

黒烏龍茶は、苦み成分であるカフェインなどの量が少なく、脂肪の吸収抑制効果の高い「ウーロン茶重合ポリフェノール」だけを多く
含む独自の製法を採用しています。

これまでの黒烏龍茶も濃い色なのにさっぱりした深みのある味わいでしたが、新型黒烏龍茶はさわやかな飲み口の茶葉を新たに配合しています。

苦みや渋みがさらに軽減され、後味さっぱり感とキレがアップ!

のどごしもよく、何よりも食事に合うように作られた烏龍茶なので、おいしいです。
より飲み続けやすい味わいになりましたね。

③体と食事の脂肪対策

脂肪の多い料理を食べても、サントリー黒烏龍茶を一緒に飲むことで、脂肪の吸収を抑えて、体に脂肪がつきにくくなります。

飲むたびに脂肪の吸収効果を抑えれくれて、中性脂肪の上昇抑制効果は、一般的な飲み物に比べて約20%減となっております。

また、飲み続けることによって全脂肪面積の変化量は大きく変わり、16週飲み続けると、なんと数倍もの差がうまれます。
だから、脂肪は減らしたいけど、脂っこい食べ物は食べたいという方にとってもオススメなんです。

れらの効果を支えるのが「ウーロン茶重合ポリフェノール」です。
茶葉を半発酵させる過程で、カテキン類が重合したウーロン茶特有の成分のことで、
黒烏龍茶の色が黒いのはウーロン茶重合ポリフェノール」を含んでいるからなんです。

サントリー黒烏龍茶のまとめ

中性脂肪に悩む方も、食事に取り入れることで大きな効果を得ることができる「サントリー黒烏龍茶」
新型になってからスタリッシュなボトルで持ち運びやすく、味もさらによくなったので、食事のお供に飲んでおきたいですよね。
【参考サイト】サントリー黒烏龍茶
       痩せるお茶ランキング【決定版】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*